佐野電機工業

採用情報

配送

2018年入社

私の仕事は、佐野電機工業に注文があった商品をお客様の希望の配送先へ配達することです。
鳴門、北島、藍住といった吉野川北岸エリアを担当しています。
荷物をお届けするのは、施工中の建築現場もあれば、家電店などさまざまです。

毎朝出社するとまず商品を倉庫から出荷し、自分のトラックに積み込みます。
9時半に出発し、お昼過ぎまでに配達を終えると一旦帰社します。 そして、午後からお届けする商品を積み込み、お客様のもとへと車を走らせます。
入社前は乗ったことがなかったマニュアル車の運転にも、ずいぶん慣れました。

佐野電機工業の倉庫には約5000種類の在庫商品があります。
注文伝票を見ながら配送をする商品を倉庫からピックアップしていくのですが、最初は商品を覚えるのが大変でした。
最初の1ヶ月は先輩スタッフに同行して商品知識を身につけたり、お客様への対応の仕方を学んだりしました。

ほどなくして自分の担当エリアが決まり、1人で配送を任せてもらえるようになりました。
建築現場に行くことも初めてで、自分より年上の職人の方と話をするのも緊張しました。
入社して1年、まだまだ勉強しないといけないことばかりですが、とにかく安全運転で、大切な商品を少しでも早くお客様のもとへお届けできるようがんばっていきたいと思っています。

実は私は10代の頃からストリートダンスが趣味で、大阪と徳島に自分のチームを持っています。
入社するまではアルバイトで不定休だったため「ダンスのためにも、週末にきちんと休める仕事に就きたい」と思ったのが、きっかけでした。 面接の時には、ダンスの話もしました。
こういったプライベートな趣味を応援していただけることは、本当にありがたいです。
佐野電機工業に入社してから毎週日曜日と月2回の土曜日は休みが取れるようになり、好きなダンスもこれまで以上に充実して活動しています。

ダンスの会場ではLED照明やさまざまな機器を使った演出がなされ、パフォーマーの魅力を引き出し、観客を楽しませています。
佐野電機工業では毎年展示会を行っているのですが、その時に弊社で取り扱っている照明器具や機器を使って、特設ステージを組むのが夢です。
仕事を通して、自分の視野を広げ、ダンスにも仕事にも知識を活かしていけたらと思っています。

佐野電機工業で働く先輩たち